| 

保険のショップのセカンドオピニオン

保険のショップをたずねると、自分が考えていた人生設計がとても観念的だった事に気が付いたという相談者が多いようです。もしもの時には、どのくらいの金額が必要になってくるのか現在の家計の状況を、把握、分析し、その上で、予想できる範囲の保障をカバーした保険を模索していく保険ショップでは、たいていの場合、自分が望む生命保険を発見することが出来るので満足して保険に加入し、帰っていく人が多いようです。留意したいのは、何でもそうですが、たった一軒の保険ショップで相談をうけただけで大切な決定を下す事のないようにしましょう。セカンドオピニオン・サードオピニオンを持つことは必須です。そうやって色々見てから、自分にはどの保険があっているのか決断することが大事なのです。たくさんの意見を参考にしながら、自分でベストな最終判断をして下さいね。

--------------
私の生命保険はどのようなのがお得なのか。提案して入った生命保険で問題ないのかよく分からないのが普通です。現在契約中の保険は保険料が高過ぎて新しく入りかえました。前と違うことになったのは医療についての特約なのです。短い入院になったとしても保険金などがでるのでいいと思います。






生命保険等の保険をどんな知り合いに相談しますか。ちゃんとファイナンシャルプランナーについて早めに検討を済ませておけば無事に解決を見ることになるかもしれません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPと自称する営業マンもいます。どのような立場からアドバイスをもらうかでいい生命保険になるかどうかが決まってしまいます。ファイナンシャルプランナーFPと保険を考えましょう。コンサルティングは有効です。-

次を読む≫